きつねとべっつりコーラのブログ。

きつねとべっつりコーラの2匹が、日々の出来事について思ったことや感じたことをただ淡々と述べていくだけのブログ。生物多め。

【生物・環境】8つの分類階級についてのメモ書き

きつねの備忘録です

……いまさらなのですが、当ブログでは割とマニアックな専門用語がよく出てくるのですね……。

いつもしれっと使ったりしますし、またなんとかしてちゃんと意味を説明しなければ、とも思うのですが……なかなか意味を解説している余裕はないのですね……。
()を付けて簡単な説明を加えたりなどはしているつもりなのですが……多分、不十分かと……。


と、いうわけなので、解説専用の記事を書いてみようと思ったのですね。


きつねの備忘録を兼ねて、またマニアックな記事を書いてしまった場合にリンクを貼って「辞書代わり」に使えるようにすることによって周囲の人たちにドン引きされることを防ごうという狙いです。
……恥ずかしい話ですがきつね、友人同士の間でもついうっかり「マニアックなこと」を口走って周囲をドン引きさせてしまうということがよくあるのですね……。


とりあえず、「備忘録兼辞書(?)」の第一弾として、今日は「生物の分類」についての用語を書いていこうと思うのですね。


私が生物の記事を書くとごく頻繁に

節足動物門-鋏角亜門-カブトガニ綱-ウミサソリ

……などという分類上の階級が出てきたりするのですね。

ですが「門」だの「亜門」だの日常生活にはまず出てこないものなので、多分戸惑う方も多いのではないかと思います。

……じゃぁこんなこと書くなよってツッコミが来そうですが、生物の系統上の位置をはっきりさせるためについつい書いてしまうのですね……。


なので今回はこの「門」だの「亜門」だのの「分類階級」について解説するのですね。


それからタイトルの【生物・環境】というのはこの記事の内容が出てくるであろう別の記事のタグを表しています。

また、毎回専門用語が出てくるたびに一応解説しようと試みてはいるので、この記事での解説と過去の記事での解説と少々被る場合があります


……実際用語はもっとたくさん使っていますが、とりあえずこれらの階級についての解説だけでおそらく記事が1つ書けてしまうものと思われます。

というわけで、ひとまずこれだけなのですね。

必要に応じて第二弾、第三弾などを追加していこうと思います。

……ガシャポンではありませんが。


系統樹

まず、前提として……。

人間やキツネを含む私たち生き物は全部すべて、たった1つの大きな「樹」の上にいるのですね。

「樹」というのは進化の筋道を表したもので、まずは最初の生命である1本の「幹」から始まり、幹から先……「枝」の方向に行くにしたがって、当然ですが細かく枝分かれしていきます。

枝の先に向かうほどにさらに細かく分かれていき、そしてその枝の末端にそれぞれの「種」があるのですね。

これを専門用語で「系統樹」といいます。


……なんだか難しいですね。


この系統樹、図で示すことができれば簡単なのですが、言葉にするとどうにも煩雑になってしまうようです。

簡単に言うと、それぞれの種類の生き物(「種(しゅ)」といいます)を「枝の先」、全ての生命の始まりを「樹の根元」と見立てた図なのですね。


会社の組織図に似ている……かもしれません。

組織図では大体一番上に社長さんがいて、その下に部長さん(部)、その下に課長さん(課)、さらに下に係長さん(係)、そして普通の社員の皆さんが属していますね。

社長、部長、課長、係長などを「役職」や「階級」などと言ったりしますが、これと同じものが生物の世界にもあるのですね。

生物の「階級」は「分類階級」と呼び、大きく分けると8つあります。

階級の内訳については次の見出しで説明しますが、この階級を並べて組織図のような図にしたものが「系統樹」なのですね。


分類階級

さて、分類階級は8つある、と書きましたが、これらは全て「基本の階級」なのですね。

……基本……というのは、実際必ずしもこの8つだけを使うとは限らないからです。

ちょうど会社で「社長」と「部長」の間に「本部長」が挿入されることがあるように、必要に応じて増えたり減ったりすることがあるのですね。

なんにせよまずは基本がわからない事にはお話になりませんから、8つの階級を説明しますね。
それぞれ以下のような名前がついているのですね。


域(いき、ドメイン、Domain)
界(かい、Kingdom)
門(もん、Phylum)
綱(こう、Class)
目(もく、Order)
科(か、Family)
属(ぞく、Genus)
種(しゅ、Species)


……なんだか難しい名前ですが、要するに「社長」とか「部長」とか「課長」とかいうのと同じなのですね。
(より正確に言うなら「社」「部」「課」であると思われます。「役職」の名前ではなく所属している「場所」の名前なので……。)


この階級、上に行くほど大きくなり、下に行くほど小さくなります。

一番下にある「種」というのがすなわち「系統樹の枝の末端」で、「それぞれの生き物の種類」を表しています。

また、「域」だけはどういうわけか普通一般的には英語名の「ドメイン」という呼び名で呼ばれているので、以下「ドメイン」と呼びます。


とりあえずそれぞれについて簡単な説明と、また主なるものの具体的な名前(「〇〇部長」「〇〇課長」の「〇〇」の部分)を挙げていくのですね。


ドメイン(域、Domain)

最も上位の分類なのですね。

……より正確に言うならこの1つ上に「生物」という分類があるのですが、そもそもこれは生物の話ですし、ドメイン以下も生物であるということが前提ですから、それには特に触れないことにします。

地球で最初に誕生した生命は細胞1つだけで生きているいわゆる「単細胞生物」だったため、分類階級も「細胞レベル」になるにしたがって大きくなっていくのですね。

このドメインは細胞レベルの大きな違いで分類され、以下の3つがあります。


細菌(バクテリア、Bacteria)
古細菌アーキア、Archaea)
真核生物(ユーカリオタ、Eukaryota)


……なんだか昔理科の教科書で見た気がしますね。

細菌というのは………「細菌」としかいいようがありませんね。いわゆる「バイキン」なのですね。
厳密には「大腸菌」や「乳酸菌」などの仲間なのですね。
……この辺説明するまでもないと思います……。


古細菌というのは「細菌」に似ていて非なる生き物たちで、細胞分裂の際に使う仕組みや酵素の種類が「細菌」とは違っているのですね。

「細菌」「古細菌」ともに細胞内に「核」を持ちませんから、「真核生物」に対して「原核生物」なんていったりします。


それに対して真核生物というのは「細胞内に核を持つ生き物」のことをいい、われわれ動物や植物、キノコなどの「多細胞生物」は全部すべてこの中に含まれているのですね。


遥か昔、全ての地球生命体の共通祖先である「原始生命体」が生まれ、そこからさらに「共通祖先」と呼ばれる姿に進化したと言われています。


……共通祖先である生物がさらに「共通祖先」になったというのはなんだか妙な感じがしますが、とりあえず現状の研究結果ではこのようになっているのですね。


そして「共通祖先」が「細菌」と「古細菌」とに分かれたようです。

「共通祖先」は当然単細胞生物だったと考えられていますので、細胞レベルの特徴の違いでまずは2つに分かれたのですね。

そしてやがては「古細菌」の中から自分の体の中の大事な部分を1か所に集めて隔離するものが現れたのですね。

……隔離された組織は「核」となり、この生き物は「真核生物」となったのですね。


この時点で3つのドメインが生まれました。

つまり、まだ1本の「幹」しかなかった「系統樹」が、最初の3本の枝に分かれたのですね。

以下、ひとつ下の分類である「界」に続きますが、とりあえずここでは「真核生物ドメイン」に属する「界」の例を挙げて説明していくのですね。


界(かい、Kingdom)

さて……お次は「界」です。

ドメインの1つ下の分類階級で、「どういう生き方をする生き物なのか」を大雑把に分類したものです。

その正確な数は諸説ありますが、とりあえず当ブログでたびたび登場するのは以下の3つなのですね。


動物界(どうぶつかい、Animalia)
植物界(しょくぶつかい、Plantae)
菌界(きんかい、Fungi)


……なんだかお馴染みの言葉なのですね。

われわれがよく使う「動物」だの「植物」だのという分類は、系統樹の上では「界」という階級になるのですね。

動物界というのは言うまでもなく動物のことなのですね。

植物界というのも言うまでもなく植物のことなのですね。

菌界というのはカビやキノコの仲間のことで、一般的には「菌類」と呼ばれていますね。


……同じ「菌」の字がついていますが、「細菌」や「古細菌」とは全く別の生き物であり、単細胞生物である彼らに対して「菌類」はれっきとした多細胞生物なので注意が必要です。


また「類」というのは「界、門、綱」などの分類全ての代名詞として使うことができる便利な言葉なのですね。

……つまり、「菌界」を「菌類」と呼ぶことができるように、「〇〇門」「〇〇綱」もそれぞれ「〇〇類」と呼ぶことがあるのですね。


なんだかややこしいですが、「類」という字を見たらその裏には「界、門、綱~」のどれかが隠されていると思って差し支えないでしょう。


……これで「界」のことがわかりましたね!
では次、「門」に行きますが、ここでは当ブログによく出てくる「動物界」に属する「門」の例を挙げることにします。


門(もん、Phylum)

「界」の1つ下の分類階級で、生物の「ボディプラン」……つまり、「ごく大雑把な体の形やつくり」を元にした分類なのですね。

……などと言うとわかりづらいので、具体的な名前を挙げます。

当ブログによく出てくるのはこれらの「門」なのですね……。


脊索動物門(せきさくどうぶつもん、Chordata)(頭索動物亜門、尾索動物亜門、脊椎動物亜門)
節足動物門(せっそくどうぶつもん、Arthropoda)(甲殻亜門、鋏角亜門、六脚亜門、多足亜門)
半索動物門(はんさくどうぶつもん、Hemichordata)
棘皮動物門(きょくひどうぶつもん、Echinodermata)
軟体動物門(なんたいどうぶつもん、Mollusca)
刺胞動物門(しほうどうぶつもん、Cnidaria)


……なんだかいきなり複雑になりましたね。

おまけに……はい、「亜門(あもん、Subphylum)」。

早速「必要に応じて追加された分類階級」が出てきてしまいました……。

とりあえずわれわれにお馴染みの「脊索動物門」から順を追って説明します。


脊索動物門(せきさくどうぶつもん、Chordata)

生物を「ごく大雑把な体のつくり」で分けたものが「門」でした。

この「脊索動物門」は体の中に「脊索(せきさく)」と呼ばれる1本の芯を持っている動物のことなのですね。

そしてその「芯」がどのようなものかにより、さらに以下の3つに分かれるのですね。


頭索動物亜門(とうさくどうぶつあもん、Cephalochordata)
尾索動物亜門(びさくどうぶつあもん、Urochordata)
脊椎動物亜門(せきついどうぶつあもん、Vertebrata)


頭索動物というのは名前のとおり「頭の方に脊索を持つ脊索動物」のことで、「ナメクジウオ」などが属しているのですね。

尾索動物も同じく「尻尾の方に脊索を持つ脊索動物」のことで、ホヤなどが属しています。

脊椎動物は「脊索がさらに発達して細かい骨に分かれている脊索動物」で、われわれのことですね。


このように「門が同じだけれど微妙に違う」グループを表す時、「門」の下に「亜門」を設けるのですね。

同じようにして「亜綱」「亜目」「亜科」など、さらに下の分類でも「亜」の付くものがあります。

とりあえず「亜」がついたら「同じ分類だけど微妙に違う分類を下に設けたいんだな~」と思っておけば問題ないと思います。


節足動物門(せっそくどうぶつもん、Arthropoda)

これは名前のとおり「節の付いた足を持つ動物」なのですね。
身近な例ではエビやカニ、クモや昆虫、ムカデなどが属しています。

つまり、「外骨格を持つ動物」の仲間なのですね。

これまた3つの「亜門」に分かれ、それぞれ


甲殻亜門(こうかくあもん、Crustacea)
鋏角亜門(きょうかくあもん、Chelicerata)
六脚亜門(ろっきゃくあもん、Hexapoda)
多足亜門(たそくあもん、Myriapoda)


と呼ばれています。

甲殻亜門というのはいわゆる「甲殻類」のことで、エビやカニダンゴムシの仲間のことです。

……また「類」が出てきましたね。ここでは「類」は「亜門」を表すのですね。

鋏角亜門というのは「鋏角(きょうかく)」と呼ばれるハサミ状の器官をもつ動物、いわゆる「鋏角類」のことで……クモやサソリ、カブトガニなどの仲間です。

六脚亜門というのは「六本の足を持つ節足動物」のことで、つまり「昆虫」の仲間です。

多足亜門は「たくさんの足を持つ節足動物」で、ムカデやヤスデの仲間なのですね。


……次に行きましょう。


半索動物門(はんさくどうぶつもん、Hemichordata)

「脊索動物門」に近くて遠い動物なのですね。
原始的な「背骨」である「脊索」の、そのまた原始的な姿であるとされる「半索」と呼ばれる器官を体内に持ちます。

ギボムシなどが知られていますが、当ブログでも割とマイナーなのですね……。


棘皮動物門(きょくひどうぶつもん、Echinodermata)

ウニやナマコ、ヒトデ、ウミユリなどの仲間です。

「五放射相称(ごほうしゃそうしょう)」と呼ばれる独特の形をしていることで知られています。

……つまり、「星形」もしくは「五角形」なのですね。

普通の動物は「左右相称」つまり「右と左」がありますが、このグループに属する動物たちは体の真ん中を中心として放射状に「対称」となっています。

われわれを線対称とするなら、彼らは点対称なのですね。

なんだか幾何学の問題みたいになってしまいますが、こんな不思議な形をした動物がいるとはなんとも興味深い話です。

また、こんな形をしてはいますが、「半索動物」や「脊索動物」に近縁の生き物なのですね。


軟体動物門(なんたいどうぶつもん、Mollusca)

いわゆる「貝の仲間」の動物です。

一口に「貝」と言ってもアサリやハマグリなどの「二枚貝」からアワビ、トコブシなどの「一枚貝」、サザエやカタツムリなどの「巻貝」、はてはアンモナイトやオウムガイ、タコやイカなどの「頭足類」まで、その形状はもはや「何でもアリ」なのですね。

基本的には「軟らかい本体を硬い貝殻で守っている」という構造をしていますが、タコやイカ、ナメクジやウミウシクリオネなど、貝殻を持たないものもいるのですね。

また運動性能や知能の発達度合いもものによって大きく異なり、カキのように眼も脳も持たず動き回りもしないものがいる一方で、イカやタコは非常に発達した眼と高い知能、優れた運動能力を持ちます。


……非常にデザインに柔軟性があるグループともいえますね……軟体だけに。


刺胞動物門(しほうどうぶつもん、Cnidaria)

「刺胞(しほう)」と呼ばれる毒針を仕込んだ小さな袋をたくさん体に持っている生き物のグループです。

棘皮動物に同じく「放射相称の体を持つ」珍しいタイプの動物なのですね。

身近な所ではクラゲやイソギンチャク、サンゴやヒドラなどが属しています。

刺胞は狩りや防御のための武器として使われるのですね。
それぞれの刺胞についている「センサー」に相手が触れると、袋の口が開いて毒針が飛び出します。

なんだか忍者の隠し武器みたいでかっこいいですが、一度使った後の刺胞はどうなるのだろうか……。

……クラゲが自分でちまちま「飛び出した針を袋に戻している」姿なんて想像できません。


……さて、上に上げた「門」の例はこれでお終いなのですね。
これより「門(や亜門)」の下の「綱」について書きますが、とりあえずここでは「脊索動物門(脊椎動物亜門)」に属する綱を挙げてみようと思います。


綱(こう、Class)

「綱」の内訳は以下のようになるのですね。


哺乳綱(ほにゅうこう、Mammalia)
爬虫綱(はちゅうこう、Reptilia)
鳥綱(ちょうこう、Aves)
両棲綱(りょうせいこう、Amphibia)
硬骨魚綱(こうこつぎょこう、Osteichthyes)
軟骨魚綱(なんこつぎょこう、Chondrichthyes)


……本当はもう少したくさんあります。
とりあえず当ブログに出てくるもののみを挙げます。

……ここまでくるとどうにも見覚えのある名前ばかりになってくるのですね。


哺乳綱は言うまでもなく哺乳類のことですね。ここでは「類」は「綱」を表すのですね。

爬虫綱は言うまでもなく爬虫類のことです。

鳥綱……言うまでもなく鳥さんのことですね。

両棲綱は言うまでもなく両生類……つまり、カエルやイモリ、サンショウウオの仲間なのですね。

なお、漢字に関しては一般的には「両生類」と言われていますが、正式な綴りは「両棲類」なのだそうです。
「棲」という漢字が常用漢字に含まれていなかったため敢えて「生」の字を当て、こちらが広まったのですね。

硬骨魚綱はいわゆる「硬骨魚類」のことで、つまり硬い骨を持つ魚の仲間なのですね。

われわれももとはといえば魚から進化してきたわけですから、広い意味では我々地上の脊椎動物全員を硬骨魚綱というのですね。
ですが狭い意味ではもっぱら「硬い骨を持つ魚」のことをこう呼ぶようです。
私たちが一般的に「サカナ」と呼ぶものは大半がこの「硬骨魚類」です。

それに対して軟骨魚綱とはサメやエイなどの軟らかい骨(軟骨)でできた骨格を持つ魚のことを言うのですね。

同じ魚でも硬骨魚であるマグロと軟骨魚であるサメは哺乳類と爬虫類くらいの違いがあるのですね。


……さて……、以下、「目」の話になります。とりあえずここでは「哺乳綱」の下にある「目」について書きますね。


目(もく、Order)

さらに細かい分類です。
もはや具体例を挙げた方が良いでしょう……。

食肉目(ネコ目、Carnivora)
齧歯目(ネズミ目、Rodentia)
ウサギ目(Lagomorpha)
鯨偶蹄目(ウシ目、Cetartiodactyla)
霊長目(サル目、Primates)
翼手目(コウモリ目、Chiroptera)

「目」は「漢字の難しい名前と、カタカナの簡単な名前」の2つがあるのですね。
(片方だけの場合もありますが。)

どうやら最初はラテン語の学名の直訳によって漢字の難しい名前が誕生し、その後より簡単な「カタカナの動物の名前」な名前が誕生したようです。

以下、できるだけ簡単な方の名前を使います。

ネコ目は名前のとおりネコやイヌ、キツネやタヌキ、アザラシやクマ、パンダなどが属するグループなのですね。
これらの動物の特徴としては「肉球」を持っていることが知られており、また「食肉目」という名の通り大部分が肉食性なのですね。

優れた知能と運動能力をもつ優秀なハンターなのですね。

ただしアザラシなどの仲間は海で生活するため、二次的に肉球を失ったようです。


ネズミ目はいわゆる「齧歯類」で、ネズミやリスなどの仲間が所属します。
哺乳類の中では原始的な部類に入り、なんと「鎖骨」という骨があるのですね。

この「鎖骨」、実は大部分の哺乳類では失われており、ちゃんとした鎖骨を持っているのはネズミ目、コウモリ目、サル目の仲間だけなのですね。


ウサギ目はその名の通りウサギの仲間なのですね。
これだけ最初から学名でも「ウサギ目」という名前だったので、したがって最初から難しい漢字の名前にならなかったのですね。(強いて言うなら「兎目」でしょうか)。

以前はネズミ目に分類されていたウサギさんですが、近年の研究によりネズミ目とは異なる独立したグループであるということが明らかになったのですね。

ですが系統としてはネズミ目に極めて近いのだそうですね。


……あれ……。
ということはウサギにも鎖骨が………………?

……まぁいいや。


鯨偶蹄目はウシやブタ、ヒツジやヤギ、シカ、イルカ、クジラ、シャチなど、「偶数の蹄をもつ動物」なのですね。

……かつては「クジラ目」と「偶蹄目」とに分かれていましたが、近年の遺伝子解析により分類が見直され、両方とも同じ目であるということになったのですね。

クジラがあの姿で「偶蹄目」なのはなんとも不思議ですが、クジラのご先祖様はそもそも偶蹄目の動物でしたし、クジラはおそらくアザラシが肉球を無くしたのと同じように海に進出したことで蹄を無くしたものと思われます。

……さて、次です。


サル目は名前のとおりサルの仲間なのですね。
キツネザルやマーモセットに始まり、ニホンザルチンパンジーやオランウータン、はてはゴリラや人間までも含むグループで、高い知能と器用な手先、また草食動物であるにもかかわらず前を向いて付いている眼などが特徴なのですね。

樹の上で暮らすのに適しており、手足ともに器用で物を掴むことができますが、人類の場合は地上に降りて歩き回るようになったため、足の親指が二次的に真っ直ぐになり、後ろ足では物が掴めなくなっています。

また、人類に関しては他のどの動物にも真似できない「マラソン」という特技があり、また体のつくりも直立二足歩行をするためあの手この手で改造が施してあるので、割れる腹筋やS字型の背骨、巨大な大臀筋、丼型の骨盤、背中側が凹んだ肋骨、土踏まず、など、あらゆる面で他のサル目とは違っているのですね。


コウモリ目……意外に思われるかもしれませんが、これはつまりコウモリの仲間、なのですね。

………………以上です。


……さて、次、「科」に行きます。
とりあえずここでは「ネコ目」に属する「科」を例として挙げてみましょう。


科(か、Family)

ここまで来るともうお馴染みの分類なのですね。
分類学にはなじみのない人たちの間でも頻繁に「イヌ科動物」「ネコ科動物」「リス科の幻獣」などという単語を耳にしますが、あの「科」です。

ネコ目の下にはこのような「科」があるのですね……。


ネコ科(Felidae)
イヌ科(Canidae)
クマ科(Ursidae)
ハイエナ科(Hyaenidae)
スカンク科(Mephitidae)
アライグマ科(Procyonidae)
レッサーパンダ科(Ailuridae)


……まだほかにもあります。
……もう名前を見ただけで誰が所属しているのかわかってしまいますね。


ネコ科はそのままネコやライオン、トラ、チーターなどが属しているのですね。Ride on Right time ラトラーター!

イヌ科はイヌやオオカミ、キツネ、タヌキが属しています。

クマ科はクマやパンダの仲間なのですね。

ハイエナ科はハイエナ、スカンク科はスカンクですね。

アライグマ科はアライグマ……なのですね。

レッサーパンダ科はもちろんレッサーパンダです。


……さて、次、「属」なのですね。
とりあえず「イヌ科」の「属」を例として挙げてみましょう。


属(ぞく、Genus)

属……というのは大雑把にその動物を表す名前で、通常もうその動物そのものなのですね。

……つまり、「キツネ」や「タヌキ」、「イヌ」などというのが「属」です。

主なるものとしてはイヌ科には

イヌ属(Canis)
キツネ属(Vulpes)
タヌキ属(Nyctereutes)
オオミミギツネ属(Otocyon)
リカオン属(Lycaon)

などが属しているのですね。

イヌ属にはコヨーテ(Canis latrans)、オオカミ(Canis lupus)、セグロジャッカル(Canis mesomelas)、アビシニアジャッカル(Canis simensis)などが属しています。

()の中に書いたのは彼らの学名……つまり、ラテン語で付けられた世界共通の名前なのですね。
学名は「二名法」と言って、「属名(属の名前)」と「種小名(種の名前)」を一緒に書くのですね。

かんじんの「犬」がいませんが、実はわれわれが犬と呼んでいる動物……ラブラドールレトリバーやビーグル、柴犬、シェパードなど……は、全部すべて単一の「種」であり、オオカミ(タイリクオオカミ)の「亜種」なのですね。


……またしても「亜」が出てきました。

「亜種」というのは例の如く「同じ種なんだけれども微妙に違う分類」です。
詳しくは後ほど説明しますが、要するに「オオカミ」と「犬」は生物学的には「同じ種類の動物」なのですね。


キツネ属にはアカギツネ(Vulpes vulpes)やフェネックギツネ(Vulpes zerda)、スイフトギツネ(Vulpes velox)やホッキョクギツネ(Vulpes lagopus)など、「キツネ」と名の付くほとんどの動物が属しているのですね。
また、本州には「ホンドギツネ」が、北海道や東北地方、当ブログには「キタキツネ」というのがいますが、これらはアカギツネの亜種なのですね。
後ほど詳しく説明しますね。


タヌキ属にはタヌキ(Nyctereutes procyonoides)ただ1種のみが属しています。
……このタヌキはさらにエゾタヌキやホンドタヌキに分かれますが、これは「亜種」の話なので後ほど書きます。

オオミミギツネ属にはオオミミギツネ(Otocyon megalotis)ただ1種のみが属します。
これは名前のとおり大きな耳を持つキツネに似た動物で、タヌキ属と共にキツネ属に近い動物ではありますが、キツネではありません。


リカオン属にはリカオン(Lycaon pictus)ただ1種のみが属します。
リカオン属はイヌ属に近縁の属です。

……リカオン属とイヌ属、それにキツネ属とタヌキ属とオオミミギツネ属は、もちろん全部イヌ科ですから近縁なのですが、その中でも特にお互いに近いのですね。

同じ「科」に属している「属」同士でも、お互いの分類上の距離は実はまちまちなのですね。

……同じ部屋の中にいても一緒に座っているテーブルまで同じとは限らない、といったところでしょうか。


……とりあえず、次です。
次は「亜種」が出てしまった問題の「イヌ属」「タヌキ属」それから「キツネ属」の「種」について書いていきます。


種(しゅ、Species)

さて……問題の「種」と「亜種」についてです。

とりあえずこの3つの種と亜種について書いていきますね。


オオカミ(Canis lupus)
タヌキ(Nyctereutes procyonoides)
アカギツネ(Vulpes vulpes)


まず、オオカミには「ホッキョクオオカミ」「ニホンオオカミ」そして「犬」という「亜種」がいるのですね。(本当はもっとたくさんいるのですがとりあえず比較するため3つだけ書きます。)

それぞれ学名はこのようになるのですね。


オオカミ(ハイイロオオカミタイリクオオカミともいいます。学名は Canis lupus)
ホッキョクオオカミ(Canis lupus arctos)
ニホンオオカミ(Canis lupus hodophilax)
犬(正式には「イエイヌ」と言います。学名は Canis lupus familiaris)。


ラテン語で「Canis」は「イヌ」、「Lupus」は「オオカミ」です。

学名で見るとわかりますが、みんな「Canis lupus(イヌ属オオカミ種)」までは同じなのですね。
この2つの名前が同じだということは、すなわち同じ種であるということです。

ただ、生き物の名前は先に言った通り「属名+種小名」で表しますが、「オオカミ」以外はなんだかその後にもう1つ余分に名前が付いているのですね。


これは「亜種小名」……つまり、「亜種の名前」なのですね。


この4種の動物は「種」としては全部すべて同じですから、お互いに結婚することもできますし子供も産めるのですね。

またイエイヌ(Canis lupus familiaris)にはさらにゴールデンレトリバーだのシェパードだのチワワだの土佐犬だのの「犬種」に分かれますが、彼らはすべて「Canis lupus familiaris」なので、種どころか亜種までも同じ生き物なのですね。


ちいさなチワワと大きなゴールデンレトリバーが全く同じ生き物だというのはなんだかすごく不思議な気がするのですが、このようにイエイヌは個体によって(犬種によって)まったく異なる姿をしているのですね。


さて……、「亜種」についてわかったところで次はタヌキ(Nyctereutes procyonoides)に行きましょう。


……「Nyctereutes」はよく分らなかったのですが、「Procyonoides」は「アライグマに似たもの」という意味なのですね。「Procyon(プロキュオン)」はアライグマのことなのですね。
両方ともラテン語ではなくギリシア語のようです。学名なので「ギリシア語由来のラテン語」扱いですが。

タヌキはタヌキ単体で「タヌキ属」を構成しますが、その下にはエゾタヌキ、ホンドタヌキなど、様々な「亜種」がいるのですね。

エゾタヌキは Nyctereutes procyonoides albus、ホンドタヌキは Nyctereutes procyonos viverrinus といい、日本にはこの2種……じゃない、「2亜種」のタヌキが住んでいるのですね。


……さて、お待ちかねの(?)アカギツネ(Vulpes vulpes)なのですね。

Vulpes(ウルペース)というのはラテン語で「キツネ」のことなのですね。
なので「Vulpes vulpes」は「キツネギツネ」……ですね。


……なんだかヘンな感じのする名前ですが、日本にはこの2亜種がいるのですね。


ホンドギツネ(Vulpes vulpes japonica)
キタキツネ(Vulpes vulpes schrencki)


両方とも模様などに違いが見られますが、「種」としては同じなのですね。


これで全ての生き物が表現できる!

さて……、長々と書きましたが……これで分類階級の基本がわかったのですね。

これによりあらゆる動物を「ドメイン界門綱目科属種」で表すことができるのですね。

例えば「キタキツネ」は

真核生物ドメイン-動物界-脊索動物門-脊椎動物亜門-哺乳綱-ネコ目-イヌ科-キツネ属-アカギツネ種-キタキツネ亜種

という分類になるのですね。

私がこのブログでよく使う表記なのですね。

つまり、

細胞内に「核」を持ち(真核生物ドメイン)、
動物であり(動物界)、
体の中に「芯」が通っており(脊索動物門)、
高度に分化した「脊索」を持ち(脊椎動物亜門)、
母親が子供を「母乳」で育て(哺乳綱)、
肉球」を持つ肉食の動物の仲間で(ネコ目)、
イヌやオオカミの仲間で(イヌ科)、
キツネであり(キツネ属)、
アカギツネであり(アカギツネ種)、
北海道や東北に生息している亜種(キタキツネ亜種)。

……なのですね。


これはおもしろい!

この分類にはこのような意味があったのですね。
この調子で他の生き物も表してみましょう……!


……などとやっているとかなりの文字数を喰ってしまうのでこの辺にしておきますが、なんにせよこうすることで全ての生き物の「系統樹」の上の「位置」がわかるのですね。

また、2種類の生き物がいる場合、「ドメイン界門綱目科属種」をそれぞれ比べてみることで、お互いの「系統樹」の上の「距離」がわかります。
「種が違って属まで同じ」なら両者の間はかなり近いことになりますし、「門までは同じだが綱以下が全て違う」場合、かなりの距離があることになります。

距離が近い生き物同士は似たような作りをしていますが、距離が離れている生き物は全然違う構造を持つのですね。

この特性をうまく利用することにより、お絵描きに応用ができるのですね。

たとえばタヌキを描きたいが内部構造に関する資料はキツネのものしかない、という状況があったとしますね。

ですが上にも書いた通りタヌキとキツネとオオミミギツネはお互いに近い「属」なので、「キツネ」の構造を理解していれば「タヌキ」の構造も大体わかるのですね。

内部の構造が類推できれば外から見た構造……模様など……は写真などの資料で補えるのですね。

こういうところ、とても便利なのですね。


なんにせよこれで「8つの分類階級」についてわかりましたね。

これで私が「少々マニアックな記事」を書いてもドン引きせずに済みますね!


……それでも引く…………?


それは…………残念です。