何とはなしに、きつねとコーラ。

管理人のきつねとその相棒のべっつりコーラが、日々の出来事について思ったことや感じたことをただ淡々と述べていくだけのブログ。

ブログ、100記事手前でカテゴリの重要さに気付いた件……SEO対策も?

100記事目前!カテゴリの再検討を検討中

なにぶん個人的な話で大変恐縮なのですが………。

このきつねとべっつりコーラのブログ、始めてから早3か月が過ぎてしまったのですね。
去年の10月の3日頃に書き始めたと思いますから、今月の3日……つまり丁度私が昨日の記事のテントウムシと出会った頃にいつの間にか3か月目に突入していたようです。

なんだかんだで毎日1記事ずつ書き続け、間もなく記事数が100本を超えるのですね!

……100なんて、ずっと昔からもっとたくさんの記事を書き続けている古参のブログ主さんたちからしてみれば大した数ではありませんが、今の私にとってはとても多い数なのですね。

なのでこれを機に(?)、「カテゴリ」を見直してみようと思うのですね。


……実はお恥ずかしいのですが、きつね、今の今まであまりカテゴリについて考えていなかったのですね。

と、言うより……そもそもこれがどういうものなのかも実はよくわかっていないのですね。
pixivにおける「タグ」のようなものなのだろうか……。

とりあえずブログのカテゴリだなんてナニをドウすればいいのか見当もつかなかったので、ここまで割と適当なカテゴリでやってきたのですね。

それもほぼ「仮のカテゴリ」と呼ぶしかないようなもので、今のところ「時事」「エンタメ」「雑記」の3つしかないのですね……。

かく言うそばからこの記事も「雑記」です!

おまけに完全にpixivの「タグ」と混同しているので、「タグ」のように1つの記事に複数の「カテゴリ」が付いていることがあるのですね……なんとまぁ。


ですが記事も増えてきましたし、これではさすがに分かりづらいのですね……。
自分でもドコにナニがあるのかさっぱりわかりません。

せめてもう少し細かく分けたり、それぞれのカテゴリをわかりやすい名前にしたりできればいいのですが……。


……と、言うわけなので、カテゴリを見直してみることにしたのですね。

ですが見直すといってもやはりナニをドウすればいいのかよく分からないのですね……。
なのでちょっと、カテゴリについて調べてみました。


……こんなのずっとブログを書いている人たちからしてみれば当たり前のことだと思うのですが、そこは初心者の備忘録だと思って温かい目で見守っていただけると幸いです………。


カテゴリでSEO対策……だって!?

とりあえず……、ブログカテゴリに触れている色々なサイトを漁ってみると、異口同音にこのようなことが書かれているのですね……。

・カテゴリはちゃんと分けた方がいい
・記事の種類がわかりやすくなる
・種類ごとに記事を見られるようになる

……やっぱり……。

これがあると格段にブログが見やすくなるのですね……。
おそらく最後まで読まなくてもカテゴリを見ただけで、その記事の内容が自分の求めているものなのかがわかるという効果もありそうです。
これは主に見に来た人にとって便利なのですね。

また、カテゴリごとに記事を抽出することができるため、特定のカテゴリの記事だけを狙って読むことができるのですね……。
これは書いている人も、見に来てくれる人も得られる恩恵なのですね。

かくいう私も前の記事で書いたことを引用したり参照したりするときなど、過去の記事を見直したくなることが何度もあるのですね……。
ですが毎回探すのに苦労しているのです……。こういう時にちゃんとカテゴリ分けされていると便利なのですね。


また、他にも非常に興味深い記述を見つけました。

なんとカテゴリをしっかり分けることにより、記事やブログ全体が見やすくなるだけでなく、SEO対策にもなるというのですね!

……これは知りませんでした……。
きつね、てっきりカテゴリは記事を見やすくするためだけに分けるものと漠然と思っていたのですね……。

ですがどうやらちゃんとカテゴリを分けることにより、サイトを見に来た人だけでなく、検索エンジンに乗せる記事を探すプログラム……いわゆる「クローラー」にとっても見やすくなるのだそうです。

逆に人にとって見づらいカテゴリ分けはクローラーにとっても見づらいのですね……。
クローラーが見に来てくれない限りその記事は永久に検索には引っかかりませんから、そういった意味でもカテゴリ分けは非常に重要なのですね……。


………あれ……。

……もしかして……。


……お恥ずかしい話ですが当ブログ、イマイチ人が来ないのですね……。
扱っている記事の内容があまりにもマニアックだからなのかなと思っていたのですが、「つまらないと評価される」のではなくて「そもそも人が来ない」のですからおそらく内容は関係ないのでしょう。
またタイトルにはしっかりキーワードを入れて見つけやすくしてあるはずですから(多分)、タイトルの問題でもなさそうです。

一説には「ブログは3か月を過ぎないと人が来ない」という話もありますから、単に「3か月経っていなかったから人が来ない」のかとも思ったのですが……。

……これらの話を読んでいるうちに、まさかと思ったのですね……。

まさかカテゴリ分けができていないからクローラーが見つけてくれないんじゃ……。

………そうだったりして……。


……まだ3か月経ったばかりですし、記事も100本もありませんから、一概にはそうだとは言えませんが、ここに来てカテゴリを見直す意味は大いにあるものと思われます。

……たぶん……。


なんにせよ、「カテゴリがとても重要」だということはよ~くわかりました。

きつね、てっきり「ブログは記事の内容が一番大事」なのだと思っていたのですね……。

いや、確かに記事の内容は大事なのですね。
ですがどんなに良い記事を書いたって、誰も見つけてくれなければ意味がありませんね……。

私の書く記事が果たして「良い記事」なのか、またどれだけ皆さんのお役に立てるものなのか、それは定かではありませんが……。


カテゴリ分け前にすること

さて……、そうとわかったら、さっさと早めにカテゴリ分け作業をしてしまいたくなるのですね。
善は急げ……なのですね。

ですがまだ1つ問題があります。
使うカテゴリは一体どうやって決めればいいのでしょうか……。

とりあえず、カテゴリ分けに大事なのは以下ようなことだと思うのですね……。

・各カテゴリ名
・全部でいくつのカテゴリを使うのか
・どの記事にどのカテゴリを割り当てるのか
・1つの記事への複数の割り当ては良いのか

カテゴリの数に関しては、一説には全部で7つがいい……という意見があるのですね。

どうにも7という数字は人間が認識しやすいぎりぎりの数……なのだそうです。

なのでとりあえず7つ用意しておけばいいのかな……。
増えるかもしれないけど……。


また、各カテゴリの間には階層構造を採用するのがいいらしいのですね。

つまり、

 ニュース>IT>AI
 ニュース>国内>北海道
 ニュース>食べ物>昆虫

……みたいな感じでカテゴリの中にカテゴリが入っているいわゆる「入れ子」のように設定するのがいいらしいのですね。
確かにこれはわかりやすい……!
分類学とおんなじです!


……ですが!
どうやらこの我らが「はてなブログ」さんでは、残念ながらこのような階層にはできないらしいのですね。

そう言えば複数カテゴリを設定することはできますが、設定した複数のカテゴリを入れ子にする機能は見たことがないような……?

どうやら「はてなブログ」さんでは全てのカテゴリが並列で対等な関係としてみなされるようですね。

それならばいっそのこと「並列に並べたカテゴリ」で、疑似的に「階層構造」を表現できれば……と思うのですが、調べてみるとそのように1つの記事に複数のカテゴリを付けるのはそもそもあまりよろしくないとのことでした……う~ん……。

また、カテゴリを複数並べて書いても、実際に検索に引っかかるのは先頭のものだけ……という意見もあります。


……とりあえず……カテゴリは「1記事につき1つ」にしておいた方が無難そうですね……。


となると次に悩むのが「カテゴリ名」です。
階層構造にできないということは、つまり1つのカテゴリだけで「ニュース>IT>AI」の全部を表さなければならないということになります。
階層構造を前提とした名前を付けることができないのですね。

この例ならば、おそらく「ニュース>IT>AI」のうちのどれか1つを採用するものと思われますが……「ニュース」だけだと漠然としすぎていますし、「AI」だと逆に細かすぎる気がします。
……ここは間を取って「IT」にするべきなのかな……。

この「どれくらい的を絞るか」というところを決めるのがちょっと難しそうですね……。

他のみんなはどうしているのだろうか……。


記事の分類とカテゴリ名の検討から始めるべきだというごく当たり前の結論

とりあえず……まずは記事を分類することにしようと思います。

……きつねの好きな「分類学」です!

ドメイン-界-門-綱-目-科-属-種

……のように階層化して分類できればいいのですが、なかなかそうはいかないみたいなので「属」くらいの……いや、「科」くらいの分類がいいのかな……。

カテゴリ名を見ただけで漠然と記事の内容がわかるような、それくらいの分類にしていくのがよさそうなのかも……。

なんにせよカテゴリの再検討……100記事くらい溜まったあたりで分けるのが丁度いいのだろうか……。

多すぎると分け直す作業が大変になりますし、少なすぎるとどんなカテゴリのものがあるのか把握するのが難しい……と思うのですね。

きっとカテゴリについて今気付いたのは丁度いいタイミングだったのだろう……そういうことにしておきましょう。

間もなく記事数が100になりますから、その辺りのタイミングでカテゴリ分けをし直してみようと思うのですね。

……あと2日くらい先かな……。

ですがどういうカテゴリ名にするかはもう少し考えた方がよさそうです……がんばって考えよう。


……カテゴリ弄ったら記事が見られなくなったりとか色々おかしなことになったりとか……そういうことはないですよね、きっと。