何とはなしに、きつねとコーラ。

管理人のきつねとその相棒のべっつりコーラが、日々の出来事について思ったことや感じたことをただ淡々と述べていくだけのブログ。

マツタケの代替種?バカマツタケの栽培成功!

きのこ食べたいなぁ……

キノコ、不思議な生き物ですよね。
森の中に行けばほとんど確実に遭遇できる身近な存在で、食卓でもおなじみなのに、動物でも植物でもないグループに属していますね。

お馴染みのキノコの傘の部分は子実体と呼ばれる繁殖のための器官で、植物の花にあたります。
キノコの本体は菌糸と呼ばれる細い小さな細胞の網のような集まりで、食べることはできないんですね。(たくさんかき集めたら食べられるのかな……?)

そんな菌糸たちが自分よりも遥かに大きな傘を作り出すなんて……しかもそれが繁殖のためだけだなんて……なんだかすごく不思議な感じがします。

そろそろ秋の味覚、マツタケの季節だな~なんて思っているところで、面白そうなニュースが飛び込んできました。

バカマツタケ

肥料メーカーの多木化学さんが、バカマツタケというキノコの人工栽培に成功したそうですね。

バカマツタケマツタケに近い仲間のキノコで、見た目もマツタケそっくりですが、香りの良さと美味しさではこちらの方が本家マツタケより上なのではないか……と言われています。
普通のマツタケよりも早くに生えてくるのでバカマツタケという名前になってしまったようですね。(生える時期を間違えてる、という意味なのかな。なんかかわいそう……?)
野生のものは日本中に分布してはいますが、見つけにくいらしく……お店では殆ど売られていないそうです。

このバカマツタケ、長い間栽培するのは難しいと言われていました。
なぜならマツタケの仲間のキノコは、生きた植物と共生することで成長するからです。

他のキノコと違う?

既に栽培に成功しているキノコと言えばシイタケやブナシメジなどが有名ですね。
これらのキノコはそもそも朽木などから栄養をもらい成長するので、生きた植物が無くても育てることができます。栽培にも菌床と呼ばれる朽木などを使いますね。

しかし、バカマツタケを育てるには生きた植物が必要です。その分栽培が難しくなり、今までは菌糸の栽培には成功しても、子実体を出すことまではできなかったそうです。

それを今回多木化学さんが子実体まで、それも生きた植物を使わずに菌床を使って、育てることに成功したというわけです。
凄いですね……どうやったんだろう……企業秘密かな……特許を申請するらしいですね。

ちなみに、マツタケの仲間のキノコのように生きた植物と共生するキノコは他にもあり、どれもトリュフやホンシメジなどの高級キノコだそうです。
もしかするとこれからはこれらのキノコの栽培や量産もできるようになるのかも……?と期待されているようです。でもそうすると高級品ではなくなってしまいますね、きっと。

……それはそれでいいのかな……?高級キノコ、トリュフが一転庶民の味に!?きっと今後はオムレツやフライが辿ってきた道をトリュフも辿ることになるのだろう。

今回の栽培方法、菌床を使っているので季節や虫食いなどを気にせずにいつでも短期間(三か月ほど)でキノコが育ちます。
多木化学さんは三年後の量産化をめどに研究を進めているそうですね。

……と、いうことは……三年後にはバカマツタケがスーパーで買えるようになる日が来るのかも……!!
そうなれば秋の味覚「まつたけご飯」の材料は普通のマツタケではなくバカマツタケが主流になって……本家マツタケは特別な時に食べる特別なキノコになったりして……?

なんだかそれ、ブナシメジとホンシメジの関係に似ていますね。普段よく味噌汁に入ってるシメジと言えばブナシメジ。ホンシメジはレア中のレア……特別なキノコ。みたいな。
特別な時に味噌汁にホンシメジを入れて食べる人がいるのかどうかはよくわかりませんが……。

キノコ以外にも……

それから似ていると言えば……ウナギとその代替種とされる魚の関係にも似ている気がします。

今現在日本産のニホンウナギの絶滅が危ぶまれていて、海外産の近縁種が代りに提供されるようになってきていますね。
ですが海外産のウナギもニホンウナギと同じくもとはと言えば野生の種類で、100%養殖ができているわけではありません。
つまり食べ過ぎればいつかは絶滅の危険性があるわけです。(インドネシア産のビカーラウナギなどは既に危ないと言われていますね。)

しかし今回のキノコは100%人が育てたものですから、たとえマツタケの代りに栽培バカマツタケが大量消費されるようになったとしても、野生のマツタケバカマツタケにはきっと影響は出ないのでしょうね。
……ウナギもこんなふうに100%養殖できるようになるといいなぁ……。そうすればもう絶滅の心配はなくなりますね……。

そんな日は来るのだろうか……?