きつねとべっつりコーラのブログ。

きつねとべっつりコーラの2匹が、日々の出来事について思ったことや感じたことをただ淡々と述べていくだけのブログ。生物多め。

生物・環境

虫嫌いの原因は「知らない」ことにあり?克服のためには「知れば」いいのかも

虫嫌い…… きのう「虫嫌いが若年層では7割超で、思いのほか多くて驚いた」、というような内容の記事を書いたのですね。 blog.kitsune-vetulicola.net 一記事で全部綺麗にまとめようと思っていたのですが、思いのほか手間取ってしまい(?)なんとまさかの二…

今どきなんと過半数が虫嫌い。虫取り少年が絶滅危惧種と思ったらそういうわけでもなくて……?

最近「虫嫌い」という概念を意識するようになった件 先に断っておきますが……。 この記事、次回に続くのですね。 今日は「虫嫌い」について書いてみようと思うのですね。 さて……知っている方ももしかしたらいるかもしれないのですが(むしろいてくれると嬉し…

世界最大のカニが殻を脱ぎ捨て、自分の生きた痕跡を作品として残す貴重な映像が凄い

タカアシガニの脱皮映像 きのうヤフーニュースさんを見ていたら面白い記事が目に留まりました。 なにやら和歌山県すさみ町にある、すさみ町立エビとカニの水族館で、タカアシガニの脱皮が撮影されたそうなのですね。 以下その記事です。動画で見られるのです…

日本にもいるあの世界最強のハチ、中国のお茶の産地で巨大化?

最強を超える最強がどうやら存在していた件 先ほどAFP通信さんのニュースを開いてみたのですね。 そうしたらこのような記事を見つけたのですね。 www.afpbb.com なにやら中国雲南省普洱(プーアル)市で、これまで知られている中では最大サイズのオオスズ…

【生物・環境】節足動物についてのメモ書き

例の如く備忘録です いつか8つの分類階級についてのメモ書きなるものを書いたのですね。 当ブログでは割と頻繁にマニアックな用語が出てきたりする上に、毎回その解説をしている余裕もないので、知らない人が見ると多分、かなりわかりづらいのですね。 なの…

身近にいるはずだが見慣れない「カニムシ」益虫として活躍しそう

クモ綱の話題 なんだか最近カブトガニだのクモだのザトウムシだの、「クモ綱」のことばかり書いているのですね。 ……もうそろそろここいらで終わりにしないと飽きてしまいそうです。 クモ綱ならびに「鋏角亜門」は昆虫に負けず劣らず色々と個性的な生き物たち…

クモの仲間では最初に「今の姿」になったザトウムシ。まさかゴキブリもびっくりの完全生物?

何億年も進化していない? ………ゴキブリではありません。 昨日クモの記事を書きましたが……。 blog.kitsune-vetulicola.net ……最後に予告した通り、今日はザトウムシなのですね。 例の如くナショジオさんのサイトにいろいろ書いてあり、興味深かったので読んだ…

40年ぶりに封印を解かれた太古のクモが語る凄い事実

クモの化石 昨日、カブトガニについて書いたのですね。 遺伝子解析による最新の研究でカブトガニがクモと同じ「クモ綱」に分類されるらしいということが新たにわかり、カブトガニの常識が変わってしまう、という内容でした。 blog.kitsune-vetulicola.net こ…

カブトガニはクモの仲間。「今更何を」と思ったらトンデモない発見だった

そもそもカブトガニはクモの仲間じゃ……? 先ほどナショジオさんで興味深いニュースを見たのですね。 なにやらカブトガニがクモの仲間だということが判明した、という記事なのですね。 natgeo.nikkeibp.co.jp ……………………………………………………、 ………………………………………………えっ…

ガラパゴス諸島の幻のカメ 最後の1頭でないことを祈る

「絶滅種」のカメさん発見? 今月2月の19日、なにやらとんでもない発見があったようです。 南米エクアドルにあるガラパゴス諸島のフェルナンディナ島で、絶滅したと言われていたリクガメの一種が見つかったというのですね。 ……ガラパゴスって………。 ………日本…

幻のハキリバチと人類が再会。研究チームを感動の渦が

世界最大のハチ 小惑星探査機はやぶさ2……略して「はやツー君」の着陸成功の興奮も未だ冷めぬ今日この頃なのですが、昨日の時点ですでにAFP通信さんは新たなニュースをアップロードしてしまっていたようです。 なんと最近ずっと行方不明だったとあるハチ…

一刻を争う「昆虫の保護」 あの「動物愛護先進国」が動き出した

絶滅が危ぶまれる昆虫。環境省動く 先日このような記事を書いたのですね。 blog.kitsune-vetulicola.net 今世界的に昆虫の絶滅が危ぶまれており、事態は一刻の猶予も許さない。もし彼らが本当にいなくなってしまったらこんなにマッズ~イことが起こる……それ…

センザンコウが撮影された!でもいんちき薬にされないか心配……

センザンコウの親子の撮影に成功? なにやらイギリスの動物園の人たちがアフリカでセンザンコウの撮影に成功したらしいですね。 映像はいくつかあるようですが、撮影されたのはいずれもオオセンザンコウで、中には親子も混じっているのですね。 撮影したチェ…

新種のダニ、皇居で発見。もちろん人には無害だよ

皇居のダニ、どんなダニ? なにやら新種のダニが、しかも皇居で見つかったらしいですね。 ……ダニっこ! どうやら国立科学博物館が、2009~2013年度にかけて行った実施生物調査で皇居内の生き物を採集し、調べていたのですね。 そして新種はその中に含まれて…

昆虫大量絶滅中。人類みんなで世界を救え!

消えゆく昆虫 突然ですが、みなさんは昆虫と聞いてどのようなイメージを思い浮かべるでしょうか。 夏になるとたくさん出てくる小さな動物 身近にいてなくてはならないアイツ 子供の友達 未来の食糧 The King of 節足動物 香川照之さん ……などというポジティ…

あの有名な現象に疑惑の影 生物多様性をもたらしたカンブリア爆発が無かったかもしれない!?

揺らぐカンブリア爆発 ……なにやら恐ろしい記事を見つけてしまったのですね。 「生命大爆発」……で有名な現象であるあの「カンブリア爆発」が、実は無かったかもしれないという可能性が出てきたそうです。 去年12月31日に学術誌「米国科学アカデミー紀要(PN…

人類誕生のカギ? ホヤがいろいろと面白い!

ホヤが頭から離れない 最近ホヤがどうにも気になるのですね。 いや……厳密に言うとたぶん2年くらい前から気になっていたのですが、解剖学と分類学に加えて古生物学(?)を学ぶようになってからさらに気になるようになってきたのですね。 おそらく進化を意識…

トンボのお肌に次世代日焼け止め?くれぐれも乱獲はしないように……

トンボのワックス なにやら身近な昆虫の大きな秘密が発見されたようです。 国立の研究機関である産業技術総合研究所の研究チームがシオカラトンボを調査し、彼らが水をはじき、紫外線を反射するワックスを分泌していることを突き止めたのですね。 ワックスの…

これぞ環境破壊「カブトガニの採血」無事に廃止できるか

アメリカカブトガニ 昨日の記事といささか被る内容だと思うのですが……。 ちょっと、言いたいことがあったので物申すことにします。 今日も昨日の記事に同じく動物と自然環境の話なのですね。 昨日はマングースのことを書きましたが、今日の動物はカブトガニ……

島の生態系を壊すマングース。でも決して彼らが悪いわけじゃない

奄美のマングースが間もなく終了のお知らせ ……どうにも微妙なニュースがあったのですね……。 沖縄本島や鹿児島県奄美大島で現在生態系を壊すとして問題になっている動物がいますね。 その名もマングース。 このマングースが環境省およびその依頼を受けた一般…

深海の訪問者ダイオウイカとリュウグウノツカイ、なぜ水揚げされる

能登地方で深海生物が水揚げ 昨日のニュースで何やらすごいものを見たのですね。 石川県七尾市で、なんとリュウグウノツカイとダイオウイカが同時に定置網にかかり、水揚げされたのだそうです。 水揚げされた時点で残念ながら既に2匹ともお亡くなりになって…

とても珍しいタケの花。あなたのお隣にもあるかも……

明石市でクロチクが開花 けさニュースを見ていたらなにやら珍しい現象が確認されたようです。 兵庫県明石市のとある高校の庭で、なんとタケに花が咲いたらしいのですね。 花が咲いたのは「クロチク(Phyllostachys nigra)」というタケで、工芸品などの材料…

【生物・環境】8つの分類階級についてのメモ書き

きつねの備忘録です ……いまさらなのですが、当ブログでは割とマニアックな専門用語がよく出てくるのですね……。 いつもしれっと使ったりしますし、またなんとかしてちゃんと意味を説明しなければ、とも思うのですが……なかなか意味を解説している余裕はないの…

もはや運命共同体 これまでに起きた5回の「大量絶滅」を振り返って想う当たり前のこと

大量絶滅……だって? 今日は少々マニアックな話を書こうと思うのですね。 どうにも自分は生物がらみの記事を書くのが好きだと気付いて以来、このテのことばかり調べているのですね。 そしてそういうことを調べているとこういうワードがよく出てくるのですね。…

「可愛い」とは何か 我々が他の動物を愛でる理由

至る所にある「可愛い」 すごく気になるのですね。 「可愛い」という概念……われわれは常日頃からごく当たり前のように遭遇するのですね。 例えば小さな子供や動物を見て「可愛い」と思わない人はいないのですね(多分)。 また子供や動物以外にもぬいぐるみ…

ヤドカリ、家泥棒を防ぐためにアレが発達!?アメリカの大学助教授が発表したって……

ヤドカリさんの体…… お馴染みの生き物である「ヤドカリ」について、なにやら面白い研究結果が発表されたようです。 それによるとある種のヤドカリのオスは貝殻の盗難を防止するため、自分の生殖器を長く発達させたというのですね。 ………なんだかいきなりきわ…

お正月のど真ん中、てんとうむしを発見?彼らの冬眠サイクルの謎

こんな真冬にテントウムシかよ 昨日に引き続き昆虫の話になってしまいますが……。テントウムシについて書こうと思うのですね。 宇宙だの昆虫だのボードゲームだの、当ブログで扱っているジャンルはどうにも一度出てくると何日か似たような記事が連続する傾向…

よく考えると全然昆虫っぽくない?いもむしはなぜあのような姿なのか

いもむし…… 何分今回も非常にマニアックな内容になってしまうのですが……最後までお付き合いいただけると幸いです……。 いもむし……というのは、チョウやガの幼虫、もしくはそのような姿をした昆虫のことですね。これは今更説明するまでもないでしょう。 元々は…

日本各地で発見!こんなところに温暖化の影響!沖縄、八重干瀬のサンゴを救え!

八重干瀬のサンゴが重大危機に! 今朝の新聞に恐ろしいことが書かれていました。 我が国自慢の……じゃない、日本最大のサンゴ礁が温暖化の影響で壊滅的な被害をこうむってしまったようです。 問題のサンゴ礁があるのは沖縄県宮古島の沖なのですが、10年前と比…

フサフサなのは恐竜だけじゃない?中国で発見された翼竜の化石に羽毛の跡!

羽毛付き翼竜化石、中国で発見 なんですと…………!! な……何やらトンデモないものが発見されてしまったようです。 そうか……ついに「その時」が来てしまったのか……!! 今朝の朝日新聞に載っていたのですが、中国で「羽毛の痕跡が残っている翼竜の化石」が発見…