きつねとべっつりコーラのブログ。

きつねとべっつりコーラの2匹が、日々の出来事について思ったことや感じたことをただ淡々と述べていくだけのブログ。生物多め。

生物・環境

ハイテクよりアナログ?様々な可能性を秘めたハサミのロボット

テッポウエビのハサミロボ 昨日は色々なサイトさんからいろいろとブログのネタにできそうな面白いニュースが舞い込んできたのですね。 結局シリーズものを優先して(?)アリに寄生して操るキノコ、「タイワンアリタケ」の記事を書いてしまったわけなのです…

アリに感染する「タイワンアリタケ」 恐ろしい寄生キノコだけどワクチンがある?

アリに寄生するキノコの話 先日このような記事を書いたのですね。 blog.kitsune-vetulicola.net blog.kitsune-vetulicola.net 両方ともヤフーニュースさんに連載されているデイリー新潮さんの「えげつない寄生生物」という記事について書いたものでした。 今…

命と食べ物の大切さを思い出せる? 名古屋の水族館の特別展にお寿司が

水族館で寿司ネタの展示……だって? 先日、国立科学博物館の特別展示に行ったという記事を書いたのですね。 blog.kitsune-vetulicola.net blog.kitsune-vetulicola.net この特別展示がどのようなものだったかはこちらの記事を見ていただくとして……。 とりあえ…

中国で発見!「カンブリアンモンスター」の新たなる「バージョン」!

清江生物相 な……なにやら、中国でとてつもない発見があったようです。 www.afpbb.com 中国湖北省宜昌市長陽トゥチャ族自治県で、5億1800万年前……カンブリア紀の前の方……の動物の化石の産地が見つかったのだそうです。 産地は「清江(チンジャン)生物相」と…

上野の大哺乳類展2に行ってみたよ!(その2)

さて……。 きのうの記事で上野の国立科学博物館の特別展示、「大哺乳類展2」のことを書きました。 blog.kitsune-vetulicola.net 長くなってしまったため結局更新が間に合わなくて読みづらくなりそうだったので、まさかの2分割なのですね。 今日はその後半で…

上野の大哺乳類展2に行ってみたよ!(その1)

東京上野公園にある国立科学博物館で、ことし3月21日から6月16日までの間、「大哺乳類展2」という特別展示をやっているのですね。 こちら公式サイトです。 mammal-2.jp 今回は名前のとおり2回目で、前回は2010年にあったのですね。 ……ですがその時は色々…

伝説の「あの」魚がフランスの博物館にいた……!?イカと共に修復中

ダイオウイカの標本が修復中 APF通信さんのニュースを見ていたら、何やらすごいものを見つけてしまったのですね。 どうやらパリの国立自然史博物館にて展示されている巨大イカの修復作業が行われたようです。 www.afpbb.com どうやらこれから「進化大陳列…

ふと気になった「虫」という言葉の定義の謎 実は適当に決めている!?

「ムシ」「虫」「蟲」 当ブログ、名目上では特に取扱いジャンルが決まっていない、何でもアリのいわゆる「雑記ブログ」ということになっているのですね。 ですが最近では私の趣味が見事に反映され(?)、生き物のことを中心に書いているのですね。 ……なるほ…

ゴキブリ専門の寄生バチ、恐ろしい生態だけどクモには負ける?

「えげつない寄生生物」第1回と第2回 昨日の記事でカマキリに感染する寄生虫であるハリガネムシの話を読んだことについて書きました。 ヤフーニュースさん(もともとは「デイリー新潮」さん?)の「えげつない寄生生物」というシリーズの3回目ということ…

カマキリを身投げさせるハリガネムシ 実は川の生態系に貢献?

カマキリとハリガネムシ きのう、朝起きる前に「カマキリとハリガネムシ」の夢を見ていたのですね。 ……いきなり何の話だよっ! そうツッコみたくなるのはよくわかります。自分でも訳がわからないのですね。 たぶん前日にどういうわけか記憶の片隅から昔見た…

【生物・環境】IUCNレッドリストカテゴリについてのメモ書き

IUCNレッドリストカテゴリ さて……今日は気分転換も兼ねて(?)、きつねの備忘録、第3弾なのですね。 第1、第2は以下の記事で、それぞれ「生物の8つの分類階級」と、「節足動物」について書いたのですね。 blog.kitsune-vetulicola.net blog.kitsune…

食べ過ぎ注意!?乱獲でサメが絶滅危惧に!いよいよ「食べている人」の出る幕か

サメが食べすぎで絶滅しそう 先日サメの話を書いたばかりなのですが……。 今日もまた、サメの話なのですね。 何日か前、ニュースを漁っている時にこのようなものを見つけたのですね。 www.afpbb.com 毎度おなじみAFP通信さんの記事ですが……なんと、乱獲に…

足元に要注意!そろそろ始まる小さな隣人の季節

早くも虫が出歩く町中 早いもので、3月ももうすぐ終わりですね。 最近周りをよく見てみると小さな節足動物がさりげなく活動を始めているということがわかるのですね。 これから夏にかけて、足元を動き回る小さな隣人たちに注意しなければならない季節になっ…

深刻すぎる地球温暖化対策、最後の手段は博打?

地球温暖化 進んでいるのですね。 原因となるのはご存知大気中に放出され続ける温室効果ガスとよばれる物質……二酸化炭素、別名CO2なのですね。 このガスが地球を包むコートのような役割をし、太陽からの熱を溜めこむことで地球が温かくなってしまう、とい…

サメに対する誤解を解く?巨大ザメとダイバーの共演

ダイバーとホホジロザメ 例の如く、AFP通信さんの記事を漁っていたのですね。 そうしたらあまりにも衝撃的な1ページがあったので、思わず目が釘付けになってしまったのですね。 www.afpbb.com なんと、ダイバーと巨大なサメが一緒に泳いでいる写真が載っ…

動物が磁気を感じ取る能力「磁覚」 案の定人間にもあったという話

人にも磁気を感じる能力が! 昨日の新聞とヤフーニュースさんの両方で見たのですね。 こちら、ヤフーニュースさんの記事なのですね。 headlines.yahoo.co.jp 渡り鳥や昆虫、一部の哺乳類などの動物が、地球の磁気……地磁気を感じ取る能力があるということは一…

灯台下暗し?水族館に10年以上前からいたエビが実は新種だったと判明した件

美ら海水族館の新種エビ ……そろそろ節足動物の話はやめにして、他の話題を探そうと思ったのですが……。 どうにもこちらに戻ってきてしまうのですね。 沖縄県にある「美ら海水族館」をご存知でしょうか。 ここはマンタやジンベエザメを世界で初めて長期にわた…

感染率が10倍に?カツオとアニサキスの謎の関係

間もなくカツオが旬。寄生虫にはご用心 そろそろ初鰹の時期ですね。 カツオは春と秋に旬を迎えることで知られており、秋のものを戻り鰹、春のものを初鰹などと言うのですね。 これはカツオの春になると黒潮に乗って北上し、また秋に戻ってくるという習性に由…

虫嫌いの原因は「知らない」ことにあり?克服のためには「知れば」いいのかも

虫嫌い…… きのう「虫嫌いが若年層では7割超で、思いのほか多くて驚いた」、というような内容の記事を書いたのですね。 blog.kitsune-vetulicola.net 一記事で全部綺麗にまとめようと思っていたのですが、思いのほか手間取ってしまい(?)なんとまさかの二…

今どきなんと過半数が虫嫌い。虫取り少年が絶滅危惧種と思ったらそういうわけでもなくて……?

最近「虫嫌い」という概念を意識するようになった件 先に断っておきますが……。 この記事、次回に続くのですね。 今日は「虫嫌い」について書いてみようと思うのですね。 さて……知っている方ももしかしたらいるかもしれないのですが(むしろいてくれると嬉し…

世界最大のカニが殻を脱ぎ捨て、自分の生きた痕跡を作品として残す貴重な映像が凄い

タカアシガニの脱皮映像 きのうヤフーニュースさんを見ていたら面白い記事が目に留まりました。 なにやら和歌山県すさみ町にある、すさみ町立エビとカニの水族館で、タカアシガニの脱皮が撮影されたそうなのですね。 以下その記事です。動画で見られるのです…

日本にもいるあの世界最強のハチ、中国のお茶の産地で巨大化?

最強を超える最強がどうやら存在していた件 先ほどAFP通信さんのニュースを開いてみたのですね。 そうしたらこのような記事を見つけたのですね。 www.afpbb.com なにやら中国雲南省普洱(プーアル)市で、これまで知られている中では最大サイズのオオスズ…

【生物・環境】節足動物についてのメモ書き

例の如く備忘録です いつか8つの分類階級についてのメモ書きなるものを書いたのですね。 当ブログでは割と頻繁にマニアックな用語が出てきたりする上に、毎回その解説をしている余裕もないので、知らない人が見ると多分、かなりわかりづらいのですね。 なの…

身近にいるはずだが見慣れない「カニムシ」益虫として活躍しそう

クモ綱の話題 なんだか最近カブトガニだのクモだのザトウムシだの、「クモ綱」のことばかり書いているのですね。 ……もうそろそろここいらで終わりにしないと飽きてしまいそうです。 クモ綱ならびに「鋏角亜門」は昆虫に負けず劣らず色々と個性的な生き物たち…

クモの仲間では最初に「今の姿」になったザトウムシ。まさかゴキブリもびっくりの完全生物?

何億年も進化していない? ………ゴキブリではありません。 昨日クモの記事を書きましたが……。 blog.kitsune-vetulicola.net ……最後に予告した通り、今日はザトウムシなのですね。 例の如くナショジオさんのサイトにいろいろ書いてあり、興味深かったので読んだ…

40年ぶりに封印を解かれた太古のクモが語る凄い事実

クモの化石 昨日、カブトガニについて書いたのですね。 遺伝子解析による最新の研究でカブトガニがクモと同じ「クモ綱」に分類されるらしいということが新たにわかり、カブトガニの常識が変わってしまう、という内容でした。 blog.kitsune-vetulicola.net こ…

カブトガニはクモの仲間。「今更何を」と思ったらトンデモない発見だった

そもそもカブトガニはクモの仲間じゃ……? 先ほどナショジオさんで興味深いニュースを見たのですね。 なにやらカブトガニがクモの仲間だということが判明した、という記事なのですね。 natgeo.nikkeibp.co.jp ……………………………………………………、 ………………………………………………えっ…

ガラパゴス諸島の幻のカメ 最後の1頭でないことを祈る

「絶滅種」のカメさん発見? 今月2月の19日、なにやらとんでもない発見があったようです。 南米エクアドルにあるガラパゴス諸島のフェルナンディナ島で、絶滅したと言われていたリクガメの一種が見つかったというのですね。 ……ガラパゴスって………。 ………日本…

幻のハキリバチと人類が再会。研究チームを感動の渦が

世界最大のハチ 小惑星探査機はやぶさ2……略して「はやツー君」の着陸成功の興奮も未だ冷めぬ今日この頃なのですが、昨日の時点ですでにAFP通信さんは新たなニュースをアップロードしてしまっていたようです。 なんと最近ずっと行方不明だったとあるハチ…

一刻を争う「昆虫の保護」 あの「動物愛護先進国」が動き出した

絶滅が危ぶまれる昆虫。環境省動く 先日このような記事を書いたのですね。 blog.kitsune-vetulicola.net 今世界的に昆虫の絶滅が危ぶまれており、事態は一刻の猶予も許さない。もし彼らが本当にいなくなってしまったらこんなにマッズ~イことが起こる……それ…